Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里子飼育日誌6とリサイクル水槽

毎度、ミッチャンです

本日は不燃ごみの回収日にあたっております。
廃棄処分で捨てられていた大型プラケを発見して破損箇所を確認したところ割れのみだったのでリサイクルに引き取りました。

割れ部分はシアノアクリレートとエポキシで固めましたので使用に耐えると思っております。

カメさん用第三水槽に利用させていただきます。
CIMG2436.jpg

さて、先月に卵トレードで我が家にやってきてくれた幹之の卵も孵化してから約一月近くたちました。
このまま無事成長してくれたらうちの白幹之との交配に役立ってもらえそうです。
CIMG2439.jpg

CIMG2442.jpg

本日もご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

里子飼育日記NO5

毎度、ミッチャンです。

連日の猛暑続きですが植物はもう秋の気配を感じているのか?半分枯れかかっていました食虫植物(ムシトリスミレ)は来春花を咲かす予定で新芽が出てきました。

日本産マクロセラスです。
CIMG2401.jpg

こちらは北米産のプリムラ・フローラですが生き残りはこの鉢のみで残り3鉢はナリを潜めてしまいました。
CIMG2403.jpg


さて、7月12日に我が家へ関東のあゆうさんちからトレードでやってきてくれました「幹之」。

卵で到着してからほぼ一ヶ月が経ちました。

猛暑に負けず、外部グリーンウォーター飼育でここまで大きく育ってくれています。
CIMG2404.jpg

CIMG2408.jpg

CIMG2409.jpg

ご覧頂きましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

里子飼育日記4

毎度、ミッチャンです。

里子飼育日誌も4度目になりました。

7月12日に我が家にトレードでお越しいただいた卵も今日で17日目になりました。
孵化して約2週間くらいになります。

大切に室内保管して育てておりましたが、やはり元気な子に育つように表で日光で育てていくように致します。

少し見づらいですが現在9匹が元気に育っております。

CIMG2223.jpg

CIMG2222.jpg

CIMG2226.jpg

もうこのくらいになれば体力的にもしっかりしてき始めてくれているものと推測します。

今まで餌は、飼育水を傷めない目的でPSB1本に絞ってきましたが、この暑さと日光の作用で表デビューで植物プランクトンの青水も自然発生してくれるものと思っております。

CIMG2230.jpg


とりあえず今日はPSBとクロレラタブレットを微粉砕して少量与えておきます。
消化剤(ビール酵母)と動物蛋白(ブラインシュリンプ殻なし)もブレンドしておきました。
これらを乳鉢であたります。

CIMG2228.jpg

CIMG2233.jpg

CIMG2232.jpg

CIMG2231.jpg

爪楊枝の先に乗るくらい与えます。
CIMG2236.jpg

無事、表デビューを済ませました。
CIMG2237.jpg

画像A 027

本日もご覧頂きましてありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

里子飼育日記3

毎度、ミッチャンです。

12日に関東より我が家にお越しいただいた「幹之」卵から孵化した針仔もだいぶ大きくなりました。

現在、室内保管でPSBのみの飼育中です。
画像A 005

CIMG2140.jpg

CIMG2142.jpg

CIMG2143.jpg

画像A 011

画像A 012

ご覧頂きましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

里子飼育日記②

毎度、ミッチャンです。

今日も一日暑かったですね。

明日は久々に仕事で工場の屋上に上がりますので、明日はブログ書けるかどうか疑問です><

さて、、去年は睡蓮に肥料を与えなかったので2輪しか咲きませんでしたが、今年は次々と咲いてくれています。
咲いていない鉢もありますが多分春先に肥料を入れていなかったのではないかと思います。
特に今年は黄色がよく咲いてくれています。
画像A 001  画像A 002

さて、里子飼育なんですが生まれたての針子はいつ見ても可愛いです。
画像A 007

餌は、今はPSBを与えていますが2週間ほどして落ち着いたら表に出してGW飼育に切り替えるつもりでおります。
画像A 008  画像A 010


画像A 010  画像A 009

GW飼育も濃度に気を付けて使わないと酸素不足で★になる場合や病気の元にもなりかねないので要注意です。

粉餌の場合は市販の餌を百均のすり鉢であたったり、乳鉢を使用したりもしますが簡単なのはミルミキサーを使用することでしょう。
画像A

針仔の場合、多量に餌を与えると食べ残しで水を傷めることとなるので要注意です。
小容器の場合、爪楊枝の先に乗るくらいを与えるようにしております。

本日もご覧頂きましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。