Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針子らしくなりました

毎度、みっちゃんです。

大阪は雨の朝になりました。寒さはましなようです。

2週間くらい経過したメダカの針子。

ようやく針子らしくなってきました。

生存匹数は現在4匹ですが多分もうこれ以上は☆にならないと思います。

幹之の針子ですがカメラがご機嫌なのか?珍しくジャスピンで写せました。
画像D 006

昨夜OTTOさんのブログで画像があまりに鮮明なので自分も移してみましたがカメラの違いが大きいようです(笑)
画像c 002

画像c 002a

画像c 002c

画像D 003b

画像D 003a


ご覧頂きましてありがとうございます。
よければまたクリックよろしくお願いいたします。
        ↓

にほんブログ村
スポンサーサイト

針子飼育その後

毎度、みっちゃんです。
夜明けは早まってきましたがまだ寒い日が続いています。

昨日はサギソウ栽培の講習会を聞きに長居植物園まで行ってきました。

サギソウは毎年枯らさずに咲かせておりますが昨年は早くから高温が続いたので開花も結構少なかったように思います。

講習会に参加しても内容的には知っていることの確認くらいでしたが球根を殺菌する方法を教えてもらっただけでも価値があったかと思っております。


さて、先日来よりの針子飼育の中間報告です。

もう4日立ちましたがまだ大きさに変化はありません。

プチプチ巻いて底面パネルヒーター使用の方はもう一つ芳しくなく全滅はしませんがポツポツと☆になっていくので取りやめることにしました。

一方、親水槽にセットした飼育箱の方は元気にしています。

現在のところ何匹生存しているのかは判明できませんがプラケよりは状況はいいようです。
medakad.jpg

ご覧頂きましてありがとうございます。
出来ましたら下記画像クリックの方も忘れずにお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

針子飼育その後②

毎度、みっちゃんです。

雨の一日になりましたが、気温は結構高めのようです。

現在室温12°C、湿度80%あります。

さて、試行錯誤の針子飼育ですが昨日の変更以来落ちは全く出ておりません。

エアレーションも止めてしまいました。

よくよく考えると口に入らない餌は与えない。という、基本的なことを忘れていたようにも思います。

そこでミジンコ飼育用のゾウリムシ繁殖液を生後三日目からのメダカの針子に与えております。

まだ、試験途中ですので結論を早めることはできませんがいい結果を出してくれることを期待しております。

ある程度成長したら、新作グッズ針子飼育浮舟容器、こちらの方も試してみたいと思っております。
画像Bc

本日も天気の悪い中、途中下車頂きまして恐縮です。
出来ましたら下記画像クリックして頂ければ幸せです。
         ↓

にほんブログ村

針子飼育その後


毎度、みっちゃんです。

雨の立春になりました。

メダカ飼育をしていると簡単なことを難しくして☆にしてしまうことがあります。

今日は良くない報告からのスタートになりました。

大瓶で外部プチプチを巻き、エアレーション、底面保温していた容器の針子が朝起きて確認すると全滅しておりました。

画像Bc 003

画像Bc 004

エアレーションがストレスを与えたのか、PSBの与え方が悪い方向に導いたのかまだはっきりした原因はつかめませんが、他の小容器が元気にしているところを見るとその2点に問題があったとしか現在では考えられない状況です。

1週間ほど前に孵化した針子はプラケで加温エアレーションしておりますがこちもは全滅は無いものの数割は☆になっております。

画像Bc 009

画像Bc 007

しばらくの間方針を切り替えてミジンコ飼育水を栄養源に与えてみて様子見します。

春生まれの仔であれば外部飼育でGW飼育で元気に育ってくれるのですが今の時期は難が多く採卵を見合わせたほうがベターかもしれません。

親水槽で直接管理できないものかと考えてこんなものも作ってみました。

画像Bc

いずれにせよ生まれてきた子は全数揃って大きくなってもらいたいです。

それでは今日のメダカたち。

画像B 002
画像B 004
画像B 003
画像B 004a

今日も拙い内容にお付き合い頂きまし恐縮です。

出来ましたらクリックの方もよろしくお願いいたします。
           ↓

にほんブログ村

針子飼育

毎度、みっちゃんです。

この時期、孵化は水カビに犯されない限り、加温で問題なく孵化してくれるが問題は3日後くらいからの餌の問題で☆になることかもしれない。

おもて水槽にグリーンウォーターはあるものの室内環境では維持できない。
それで可能性のあるものを列記してみる。

①PSB光合成細菌(使っているが光合成の関係かあまり芳しくなく☆になる)

②市販稚魚用粉餌(乳鉢であたって与えているがこれも食べ残しから飼育水を傷めて☆になる)

③ゾウリムシ・ワムシ類 (室内維持していなかったので手持ちなし)

④冷凍ワムシの販売ショップが去年閉鎖して近くにない。

⑤クロレラ・スピルリナタブレットを粉砕したもの

⑥ビール酵母

このくらいでしょうか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネットであたってみたらいい記事発見。

http://uncle4649.exblog.jp/11094000

これは推定の話ですが
大きさ3cmの親めだかの口の大きさを3mmと仮定すると
3mmの針子の口の大きさは0.3mmとなります。

えさと思われるプランクトンの大きさは
ゾウリムシ0.05~0.2mm
ワムシ0.15~0.3mm
ミジンコ0.5~1.5mm
珪藻0.05~1mm

大きさからすると
ミジンコは大きすぎて未だ食べられないで
流れてくるゾウリムシやワムシや珪藻などを食べていると思います。

では池や小川でなく限られた水量の
止水水槽ではどうなるのでしょう

水草を入れてアクアリウム風にする場合は水草を先に入れて
2~3日してから1匹のめだかを入れ様子を見ます。
購入したばかりの水草には農薬や消毒がしてあることがあり、
めだかが全滅することもあります。

孵化後3日間はヨークサック(栄養袋)があって餌を食べないといいます
その後餌を食べ始めますが、
ゾウリムシやワムシなどがたくさんいる水なら問題なく成長します。
毎日たくさんのめだかが孵化します、
又、どんどん成長していきます
えさをやらないと
プランクトンの増殖が間に合わず餌不足となって
成長速度が遅くなったり、餓死するめだかも増えたりします、
できるだけ早いうちから配合餌を食べさせた方が
成長も早く、餓死率も下がります。

冷凍餌も便利でよいです。
冷凍ワムシは孵化3日後からも充分食べられる大きさで、
針子のとても良い餌です。
私は2日に一回与えます


孵化したてのブラインシュリンプはぎりぎり食べられる大きさかもしれません、
ちょっと?です。
冷凍ベビーブラインシュリンプも売られています。
生後2週間ごろから一日1回与えます。
           ・
           ・
           ・
           ・
まだ続いていますが、今回重要部分を抜粋させていただきました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

親切な書き込みで目からウロコです。


他のページもまだ読んでいませんが親切に指導されておられるようです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

早速、今孵化したばかりの針子をミジンコ飼育水に入れてみました。
画像Bc 001

画像Bc 002

これで2~3日様子見して安定しているようならPSB>粉餌すり餌あたりから与えてみようと思います。

ご覧のみなさまでこれがいいというものがあれば是非ともコメントお待ちしております。

今回もご覧頂きましてありがとうございました。

出来ましたら厚かましいお願いでございますが下記画像クリックの方もよろしくお願いいたします。
                       ↓
             
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。