FC2ブログ

Entries

# プリンカップで孵化

毎度、みっちゃんです。

グッズ

毎度、みっちゃんです。

メダカグッズで手放せないものの一つに掬い網があります。
ショップでも以前にあった網が現在置かれていないものがたくさんあります。

この網はプラケ丸洗いの時に特に重宝しているのですが現在はショップでは見かけません。

そこで慣れない手つきで針と糸を使って破れ部分を補修しました

画像

次は撮影ステージの高さを半分にカットしました。
ケースを割らないかとビクビクの作業でしたがうまくカットできました。

画像a


ステージ使用で撮影してみました。
medakaC 010

medakaC 007


medakaC 002


medakaC 008


ご覧頂きまして、ありがとうございました。
できますれば、ゴールドフィンガーにてクリックお願いいたします。
         ↓
ご覧頂きましてありがとうございます。
できましたら黄金の右人差し指でクリックお願いいたします。
         ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

医食同源

毎度、みっちゃんです。

餌へのこだわりを持つ方もマニアさんでは多々いらっしゃいますね。

私の知り合いでは北海道から利尻昆布を取り寄せたり、ブログで登場されるエビ男さんは昨日のコメントでとろろ昆布をお使いとか・・

各メーカー品をブレンドされる方も多いと思います。

私も稚魚用パウダーや高たんぱくの餌を数種ブレンドしたり、粒子の粗い物はミルミキサーや百均のすり鉢であたったりしております。
画像 019


タイトルの医食同源は主に人間だけと思われがちですが私はメダカも同じだと考えております。

これからの時期メダカも餌食いが悪く体力が落ちると綿カムリ病や尾ぐされ病、白点病の病魔に襲われたり細菌感染の危険性も出てまいります。

そこで登場がこちらの強い味方です。

昨年、ツイッターで登場されるメダカの著名な研究者で今年の○○○」祭りで講演された先生に赤いメダカの色揚げに関して質問したことがありましたがその時もこちらを勧められました(笑)
画像 020



皆様もこれが一番というものがあればぜひ取り入れたいと思いますのでご教授お願いいたします。

駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。
できれば下記クリックの程よろしくお願いいたします。
              ↓

にほんブログ村

自家交配で

毎度、みっちゃんです。

今年、自家交配させた中で生まれてきたメダカです。

右を薄墨、左を茜と勝手に名付けて喜んでいる単純な飼育管理者でございます。

medakaC 005

こちらは茜、決して茜丸五色どら焼きの回し者ではございません。

medakaC 002

こちらは薄墨の横顔です。

画像 002


いつも自家発生の一品を夢見ておりますが10年近く現れてくれたことはありません。

宝くじの高額当選やWin5的中に匹敵する確率でしょうか。

ご覧頂きましてありがとうございます(=^0^=)

できますれば清き一票をお願いいたします。
            ↓

にほんブログ村

治癒完了

毎度、みっちゃんです。

一週間前から治療していましたやせ細り病の子メダカがやっと回復してくれたようです。

当初
0001100_2.jpg


現在
medakaB 007


medakaB 008

逆ダイエットに成功したようです。

元水槽で仲間たちと合流しました。

本日もお忙しい中立ち寄っていただいてありがとうございます。

クリックの方もよろしくお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

我が良き友よ

毎度、みっちゃんです。
おはようございます。コケコッコーより早く目覚めました。

タイトル通り我が良き友の登場です。と言っても、下駄を鳴らしてやってくるわけではございません。

本棚の隣のゴミ置き場?の埃まみれの中から奴はやってきました。

正体はこちらです。

medakaB 001

medakaB 002
span style="color:#0000ff">発酵鶏糞とお茶パックです。


これをペットボトルに投入して水道水を注入してからじっくりと熟成させます。

これがみなぎるパワーエキスを含んだ最強の助っ人に変身いたします。

本日も朝早くからご覧頂きましてありがとうございます。

またの出会いを♥アディオス・アミーゴ  クリックお待ちしております。
                   ↓

にほんブログ村

インフゾリア

毎度、みっちゃんです。

もうだいぶ寒くなってきてこれからますます寒さがつのる毎日となりそうです。

メダカ飼育の方でも今の時期は見送って春から採卵始められる方も多いと思いますが今の時期に採卵孵化させることができ稚魚の成長が望めると春本番には産卵個体に成長しているかとも思われます。

ただ、今の時期に加温飼育で産卵孵化させてもうまく育てられないと諦められる方もいらっしゃると思います。

①日光の照射時間が少ない。また、光量が不足する。
           ↓
これは自然界のことなので蛍光灯である程度の補助くらいしかできません。

②水温管理      
           ↓
これはいろんなタイプのヒーター使用で対応できます。

③餌
これが一番のネックです。
グリーンウォーター等の植物プランクトンが発生しないので
1)粉餌に頼る→これは与え方の問題もあり濾過やバクテリアの発生が望めないと飼育水を傷める。

2)ブラインシュリンプ→冬場でも加温すればエッグから孵化するが稚魚がある程度育たないと口にできない。
 (私は殻なしエッグは使ったことがありません)

3)ミジンコは成魚近くなら口にできるが稚魚ではダメ。

4)乾燥イトミミズ微粉砕や冷凍ワムシ→こちらもある程度成長しないと食べ残しが飼育水を傷める

選択肢をたどっていくと生まれたての針子にはバクテリア類が残ってくる。

5)インフゾリアやバクテリアの投与。こちらは口にしなくてもエラから取り込むことも可能。
  A)ショップでインフゾリアの素なるものも置いている店もあるが結構高い。
  B)PSBの使用  →  こちらは飼育水で問題なしだが白いもやもや(雲のよう)が発生して
   止水環境で使えば餌食いもよくなると思う。
6)冷凍ワムシこれもショップである店ない店があるが与え方が爪楊枝の先で与えるくらいにしないと飼育水を傷め  る。
7)以上を考察すると残るはインフゾリア(ゾウリムシetc)の利用くらいだと思える。
  ただし、種親を確保されている場合はレタス汁などで培養しやすいが一からとなると発行鶏糞をティーパック  詰めして放置すると現れるが私は今の時期は使っていないので増殖できるのかが問題。

  他にもいろんな方法がありそうですが私の考える範囲はこの程度です。

  ごらんいただきまして、ありがとうございます。

            ↓
     できれば施しのクリックお願いいたします。

にほんブログ村

別注し撮影ステージ

毎度、みっちゃんです。
ロス等考えると逆に高くつくかもしれませんがやはり一度は自作に挑戦することは意義があると思います。当然向かって右が私の自信作です(笑)

(アクリル撮影ステージ)
ステージ


横見です。
yoko6.jpg

横見です
yoko5.jpg

上見です
ue2.jpg

横見です
yoko2.jpg

今までよりはっきり写せるようになりました。

ご覧頂きましてありがとうございます。
本日も施しのクリックお願いいたします。

にほんブログ村

確か買った時には?

毎度、みっちゃんです。

確かオークションでは紅白の幼魚で紹介されていたとは思いますが・・・

昨日、発泡ケースからすくい上げてみると、この状況です。

成長と共に白抜けしてくれれば嬉しいのですが・・・

こちらは黒ごま入りで抜けはなさそうです
medakaC 002

白抜けでなく朱系の色褪せに見えます
medakaC 003

こちらも上に同様
medakaC 004

右の黒い子はなんでしょうね?ふなっ子ではないですが・・・
medakaC 005

今日もご覧頂きましてありがとうございました。

できますればポチっとよろしくお願いします。
          ↓

にほんブログ村

幹之軍団

毎度、みっちゃんです。

                     クリックで拡大します
            めだか 001
            
            
めだか 004


                めだか 005


                めだか 007

                ご覧頂きましてありがとうござます。
                よかったらクリックしてね。
                
にほんブログ村   

琥珀透明鱗

毎度、みっちゃんです。 

画像クリックで拡大しますよ      
          めだか 001




           めだか 004


           めだか 005


           めだか 006
           
ご覧頂きましてありがとうございます。
                
最後にポチっとお願いします。
                   
 
にほんブログ村

生まれたての針子

毎度、みっちゃんです。

生まれたての針子です。なかなか動き回るので写しにくいですが、この子は結構おとなしくしてくれたのでうまく写せました。
medakaA 002

medakaA 003

medakaA 005

お忙しい中、立ち寄っていただいてありがとうございます。

できましたら応援のクリックお願い致します。
         ↓

にほんブログ村

針子が続々

毎度、みっちゃんです。

ネタ不足のこのごろですが意に反して針子は続々誕生しております。
隣の加温水槽は幹之と楊貴妃光の同居水槽ですが産卵サイズは幹之だけですので異種混合のF1は発生しないものと思っておりますが登場する子達は色の違いもありますが個性も針子の時期から違うように思います。

人もいろいろですがメダカもいろいろです。メダカの一生もそれぞれいろいろな一生をたどることでしょう。

画像 005

画像 003

画像A 001

画像A 002

画像A 003

画像A 004

本日もご覧いただきありがとうございます。m(__)m

良ければ施しのクリックの方よろしくお願いします。
        ↓

にほんブログ村

やせ細り治療5日目

毎度、みっちゃんです。

別管理治療中のやせ細りメダカです。

2匹治療しておりましたが、やせのひどかった方の子は室内の針子水槽に入れてやりましたが水質か水温の違いかで移動2日目にあえなく☆にしてしまいました。(管理不足でごめんなさい)

残る一匹はその後も健康を取り戻したようで屋内小プラケ(常温飼育中)内を縦横無尽に泳ぎ回っております。

以前にも紹介したかもしれませんが添加剤としては①少量の食塩(ゆで卵にかけるふた振り分くらい)②S社の添加剤(目薬2滴)③K社の繁殖剤(薄茶色くらいの程度)をベース飼育水としました。③F社活力剤(目薬2滴)④PSB適量を加えて日光浴を2日前まで行いました。

信じるものは救われると言いますが期待に応えてくれたようでありがたいです。
ただ、いいと思うものを入れたに過ぎないのでどの成分が影響を与えたのかはわかりません)

私は研究者や求道者ではなく一般マニアですので、たまたま偶然の結果かもしれませんが結果オーライということでご容赦願います。

治療当初のやせ細り状況はこのようでした。
0001100_2.jpg


今ではここまで回復しております。
やせ細り


やせ細り2

本日も稚拙な話題にお付き合い頂きまして恐縮です。

できますれば右手ゴールドフィンガーにてクリックして頂ければ管理人が喜びます。
             ↓

にほんブログ村

なかなか大きくなりません。

毎度、みっちゃんです。

多分10月末の孵化だと思いますが、メダカの仔魚なかなか大きくなりません。
ヒーターも使ってるんですけど・・・

大きくなり始めたら加速度的に大きくなるんですけどね。

画像 001


画像 003


画像 004


お忙しい中ご覧頂きましてありがとうございました。

できればクリックお願い致します。
      ↓

にほんブログ村

思い起こせば

毎度、みっちゃんです。

早いもので今年も残り少なくなりました。

私は五回目の年男で年金受給の年齢に達しております。

思い起こせば小学生時代裏の家に住む同級生が熱帯魚のエンゼルフィッシュやキッシンググラミーを飼育していたのに触発されてネオンテトラ他いろいろな熱帯魚にはまっておりました。
当時は今とは格段の差で熱帯魚の価格も高かったように思います。

サーモスタットも上のネジ部を調整してバイメタルの接触で通電する等今のような温度設定ができす学校から帰ったらゆだっていたということもありました。

うちの裏には小さなひと坪位の人工池があり金魚やメダカがいたのが懐かしい思い出です。
使わない火鉢もじいさんがメダカを入れてたのが懐かしい思い出です。

夏祭りでは金魚すくいもありましたがひよこ釣りがいつも出て夏休みにはニワトリ飼育やヤドカリ飼育、それに大好きな亀・・・ニホンイシガメ走りませんでしたのでクサガメがゼニガメだと信じ込んでおりました(笑)
飼い犬もスピッツよく吠えましたね。それにリス、白兎、手乗り文鳥や十姉妹、セキセイインコといろいろ飼育しました。

それ以降、動物飼育はしておりませんでしたが2000年に激症膵炎で入院後PCを覚えるのに半年かかりそれからPC画にはまっていましたが、やはり無機物相手ではさみしくなりサギソウ栽培に踏み切りました。

サギソウは日本の自生ランで絶滅危惧されているらしくそのことが気に掛かりたまたま絶滅危惧を検索していたらメダカに遭遇したことからメダカ飼育が始まりました。

ただ、水合わせがうまくいかなかったりでヒメダカを2度全数☆にしてしまったので相談できるHP当たりましたが当時は愛知県で2人の方と愛媛でひとりの方がHPで掲示板公開されておられるくらいだっただろうと記憶しております。

そちらで黒メダカ、ヒメダカ以外に白メダカや青メダカ、楊貴妃等の改良種ができているのを知って衝撃を覚えたものでした。

それ以来改良メダカ飼育を続けている私ですが未だ初心者領域を脱せず冥府魔道、迷い道クネクネと彷徨い歩く毎日です。

お忙しい中、拙い内容にお付き合い頂きましてありがとうございます。

もしできますようでしたらお手数お掛け致しますがクリックよろしくお願いします。
                ↓

にほんブログ村

そろそろネタ切れ

毎度、みっちゃんです。

もうすぐ12月、師走ですね。今年も押し迫ってまいりました。
年末は何かとバタつくので今年は早めに年末に行うことを取り掛かるようにしております。

私はパソコンのパスワードを変更せずにメールアドレス変更するようにしておりますが年一度のことですのでいつも年末差し迫ってログイン後の処理がわからず相手に相談することも多々ありですので余裕を持ってできるように取り掛かりました。

もうひとつの年末仕事は確定申告の容易ですが、こちらも住基登録やカードリーダー購入したにも関わらず未だPCから申告したことがないのでこちらのデータ処理も年内にしたいと思っております。

メダカのほうはそろそろネタ切れしそうなのでたまのアップになるかもしれません。

今日は一昨日孵化したメダカの針子の画像が撮れたのでアップいたします。

画像 001


画像 008


画像 005


画像 011


画像 009

本日もお忙しい中ご覧頂きましてありがとうございます。
できればクリックお願いいたします。
       ↓

にほんブログ村


治療4日目

毎度、みっちゃんです。

毎朝、寒い朝が続いております。

やせ細りの仔メダカ治療4日目の報告です。

やせのきつかった一匹の子メダカは体力不足か餌を取らないのが原因かあえなく天に召されました(合掌)

もう一匹は、少し体格も良くなったような気がしますが元気に水槽内を泳ぎ回っております。

寒さのピークも今日が山のようですのでこのまま元気に回復して体力をつけて春には交尾できるくらいになってもらいたいものです。

やせ細り2


やせ細り

今回もお忙しい中ご覧頂きましてありがとうございます。

励ましのクリックして頂ければ嬉しいです。
         ↓

にほんブログ村

使いきれないもの

毎度、みっちゃんです。


いつも思うことですが・・・

多分私の一生かかっても使いきれないものの一つにこちらメチレンブルーがあります。

価格も安く、使い勝手もいい商品なんですが、専門業者や養魚場等では使いきれるかもわかりませんが一マニアが使うにはあまりに量が多すぎて困ります。

10年ほどで使った量といえば約20分の1位のものでしょうか・・・?

メーカーさんも半量位を割高販売されてはいかがかと思う次第です(笑)

うちはあまり白点病や尾ぐされが発生しないので治療用というよりはメダカの卵の消毒用の用途が多いです。
metiren.jpg


画像



透明鱗

ご覧頂きましてありがとうございます。

良ければクリックお願いいたします。

       ↓


にほんブログ村

超小型濾過ポンプ

毎度、みっちゃんです。

皆様現在室内水槽でメダカ飼育の方もたくさんいらっしゃるようです。

成魚なら通常の濾過ポンプでも大丈夫ですが、稚魚クラスではストレスを与えますので水流の弱いものがいいと思います。

画像


画像 002


ご覧いただきありがとうございました。
できればクリックお願いいたします。
       ↓

にほんブログ村

ボジョレーヌーボー解禁日

毎度、みっちゃんです。

今日はボジョレーヌーボー解禁日です。


昨日、いい鯖を見つけたので〆鯖にしてあるので、昼食ににぎり寿司を作りました。

一品ではさみしいので三河産うなぎの炙りも入れてみました。

ワイングラスを探しましたらひとつもないのでやむなくメダカ鑑賞グラスで間に合わせましたが、
よく考えると夏場に水ミミズがワンサカ湧いていたグラスでした><

画像A 002


ご覧頂きましてありがとうございます。
できればクリックお願いいたします。

      ↓

にほんブログ村

アクリルケース

毎度、みっちゃんです。

メダカの撮影ステージ、百均や無印良品で応用できるものもいろいろあると思うのですが、自作の好きな方にはこちらのHPに詳しい作り方が紹介されています。

http://sakutansui.fc2web.com/sub7.html


こちらを参考に自作しましたがなにせ不器用なもので接着剤のはみ出しが目立って困ります(笑)
水漏れには自信があるのですが・・・

一番小さなケースでこの大きさです。
アクリルケース

自作アクリルケースは3つ作りましたがどれもイマイチです。
画像 001

これは百均のセリアのペンたてですが残念ながら板に若干の色混じりです。
画像 003


これはゼムピン入れ。
底の穴はグルーガンで詰めました。
画像 004


稚拙なブログ見ていただきましてありがとうございました。
できれば、施しのクリックお願いいたします。


にほんブログ村

採卵

毎度、みっちゃんです。

親メダカの餌になるのはどうも忍びないので採卵してやりました。

室内の加温水槽の幹之の卵です。
めだか 001


めだか 002


めだか 003


めだか 004

この水槽は27°Cキープの加温水槽ですので計算上では9日位の孵化の予定なんですが発眼している卵もあるのでたぶん1週間ほどで孵化してくれると思います。

それまでに水カビとの戦いです。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

できれば施しのクリックお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

孵化

毎度、みっちゃんです。

今日は一日真冬のような寒い一日でした。

オーストラリアでは皆既日食。日本では金環食が5月21日でしたのでちょうど緯度で赤道を挟んで反対側では今の時期に同じ現象があるんでしょうね。

今日は大潮の潮周り。

やはり月の満ち引きと孵化は関連がありそうです。
一挙にメダカの孵化が始まりました。

画像 001

画像 002

画像 003

画像 004

パネルヒーターで一時別管理飼育します。
画像A

ご覧頂きましてありがとうございます。
良ければクリックお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

メダカ飼育水

毎度、みっちゃんです。

腐葉土でメダカ飼育水作りをしてみました。

腐葉土です。
画像A 001

これをお茶のパックに入れます。
画像A 003


雑菌を殺すために煮沸水をいれます。
容器にペットボトルを用意しましたがパック詰を鍋で沸かしたほうがいいと思います。
ペットボトルが変形しました。
画像A 004


画像A 010


お忙しい中ご覧頂きましてありがとうございます。
良ければクリックお願いいたします。
       ↓


にほんブログ村

治療2日目

毎度、みっちゃんです。

この冬一番の寒い朝を迎えました。

現在表プラケ水温10°C

やせ細りの子メダカ、この寒さでも元気にしてくれています。

親バカですが少し体型がマシになったように思えます。
ただ、あまり無理はさせてやれないのでもう一段寒くなるようでしたら室内取り込みいたします。

画像 001


画像 002


ご覧頂きましてありがとうございます
できればクリックよろしくお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

ブラックウォーター

毎度、みっちゃんです。

某掲示板でブラックウォーターがエロモナス菌(尾腐れ病の原因)や細菌性の内臓疾患に良いとのことだったので検索してみましたら超簡単にできそうなので材料を購入してまいりました。

まずはアク抜きしていない流木
めだか 001

流木の代わりにそこらで落ちている木の枝でもいいのかも?
めだか 002

ピートモス
めだか 003

(付録1)麦飯石
めだか 004

(付録2)備長炭・竹炭
めだか 005

ペットボトルに入れてみました。これで1週間ほど放置です。
めだか


ブラックウォーターをメダカに使用する場合、低PHらしくてPHショックを与えないため点滴法の水合わせが必要なようです。

春先水温が15°C位で一番エロモナス菌が繁殖するようなので早めに対処しようと思っております。

本日もご覧頂きましてありがとうございました。
もしよければクリックお願いいたします。
       ↓

にほんブログ村


治療1日目

毎度、みっちゃんです。

やせ細り病のメダカ2匹治療に入りました。

現在水温13°C
昨日添加 ①S社水質改善剤 2万倍希釈液
     ②K社栄養添加剤 1万倍希釈液
     ③F社植物活力剤 1万倍希釈液
     ④食塩      微量

各社名前・商品名はいろいろと弊害が起こる可能性があるため現時点ではご想像にお任せして伏せることにいたします。

餌はミジンコで飼育水共に与えるのと稚魚用パウダー浮揚性粉餌を交互に与えます。

昨日までは27℃キープ他魚同居水槽で飼育しておりましたが昨日夕方より外部プラケに上記条件で移動しております。

気温等の急変に関しては室内取り込み投げ込み式スポンジ濾過の併用も考えております。

早期、治療は難しいでしょうが、一日も早く元気になってもらいたいと願う所存でございます。medakaA 001

medakaA 002

ご覧頂きましてありがとうございます。

できますれば励ましのクリックお願いいたします。
         ↓

にほんブログ村

天気がいいので(内部編)

毎度、みっちゃんです。

天気がいいのでその②室内編です。

まずは小川ブラック(室内でも色あせませんね)
medaka 001


白幹之(白と言うよりオパール色です)
medaka 003
medakaA 004

幹之半ダルマ(上見がとても可愛いです)
medaka 004
medakaA 003

ダルマさんこんにちは
ダルマ2

毎度おおきにでおます。 

できれば施しのクリックお願いいたします。
        ↓

にほんブログ村
      


天気がいいので(外部編)

毎度、みっちゃんです。

天気がいいので内部飼育メダカと外部飼育メダカの両刀使いで参ります。

まずは室外組

こちらは主に駄メダカですがやはり外部メダカは自然の理にかなった育ちをしています。

まずは黒メダカ
medaka 009


黒、緋メダカ
medaka 008


medaka 012


緋メダカ
medaka 007
軒下で日陰の緋メダカ
medaka 006


睡蓮葉陰から顔を出すメダカ
medaka 010

やはりメダカは表が好きなようです。

毎度、お世話になります。
良ければ施しのクリックお願い致します。
       ↓

にほんブログ村