FC2ブログ

Entries

タコ坊主

毎度、ミッチャンです。

去年はまだ珍しかったですが、今では一般的となりましたナイロンたわし使用の産卵巣。

私もツイッターやブログで何度も紹介してますが、他の方のブログ見てもよく登場しています。

メダカ専門店やヤフオクあたりでは100円出せば購入できるのですが、やはり原価と労力を考えたら自作に勝るものはございません。

私は去年から「タコ坊主」と名付けております(笑)

利点は先ず
①清潔、
②乾燥させて再利用が可能
③原価が安い
④シュロ箒の場合アクが出たり、商品があったりなかったりするがその心配はない。
⑤製作時間が短くてすむ
⑥卵の付着性がいい

と、利点が目立つが使えはその通りと思う。

材料もほんの少しでロスなしですむ。
medaka 002

完成
medaka 003

実使用例
medaka.jpg

ご覧戴きましてありがとうございます。

どこでもレフランプ完成

毎度、ミッチャンです。

先ほど買ってきたボルトナットを使ってどこでもレフランプ完成させました。

medaka 001

照明以外に保温も出来るので一挙両得です。

ただし、欠点は温度が上がりすぎるので火災に注意ですね!

medaka 002

medaka 006

早速、レフランプを使ってメダカ撮影しました。
medaka 001

medaka 002

ごらんいただいてありがとうございました。

底冷えしています

毎度、ミッチャンです。

表はかなり底冷えしているようです。逆に北国の巧拙地帯のほうが体感的には暖かいかも知れません。

エアコン暖房の効きも悪く今雨戸を閉めたところです。

こんな中でもメダカのベビーが3匹も誕生していました。

画像 003

画像 005

画像 007

[AM:5:00] 室内水槽より採卵しました。

受精卵確認はある程度指コロガシで確認したくらいです。
DSCF1053.jpg

どこでもレフランプ

毎度、みっちゃんです。

トラエモンこそみっちゃんです。

ブログタイトル通りの天上天下唯我独珍を目指して邁進しております。

この不景気な世の中、「どげんかせにゃいかん」こういった知事も宮崎を後にして今度は和歌山からご出陣とか・・・狙うは紀伊國屋文左衛門か???

負けずにトラエモン(みっちゃん)も頑張っておりますです。

ものさしにレフランプ用中間スイッチ付きソケットをセットしました。
今日はM3のSUS304ボルト・ナットがないので明日にでも購入するにしてとりあえず結束線で取り付け完了。
画像

亀の保温用にも使えますがメダカ撮影の場合も効果的です。
medakaA 003

medakaA 001

medakaA 003

どうです、デジカメでも結構写りがいいでしょ(^_^)

今日はこのくらいにしておきますか・・・でわまた

GW飼育

毎度、みっちゃんです。

表ベランダ手摺笠木においているプラケです。
L、M、S寸のメダカが入っています。

L・Mサイズの水槽はスモールアイ
画像 001
が入っています

M・Sサイズ
画像 002

Sサイズ
画像 003

どのサイズも寒さで★になることもなく元気にしています。

卵を口にするメダカ

毎度、みっちゃんです。

魚の種類によっては口の中で稚魚を外敵から守る魚もいますが、メダカの場合目の前にある場合稚魚でも卵でもお構いなしに食べるようです。

人間の心情からすればマウスブリーダーは愛情が深く、メダカは無頓着のように感じるのですが当の本人?いや、メダカの本位はいかがなるものなんでしょうか?

高級種であれば飼育者からすればやめてくれ・・・となりますがうちのはその点気楽です(笑)
medakaA 004

室内メダカで目の保養をしてくださいませ。
medakaA 002


medakaA 001


medakaA 003

レフランプ照明

毎度、みっちゃんです。

百均でレフランプを見つけた。
ただし、ソケットは売っていない。そこで商店街のCadenに行ってみたがこちらもなし。
NETであたってみたら中間スイッチ付きのを発見。
ヨドバシドットコムで早速注文、
ソケットは別媒体にボルトナットで固定するつもり。
壁面取り付けはダイソーの万力使うか・・・

さて、メダカのベビー今日も3匹孵化してくれた。
medakaB 004

medakaB 003

medakaB 001

medakaB 005

しかし稚魚撮影はいつもピントが合わない。最終の一枚はまあまあに撮れたがめったにこんなことはない。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

でわ、またの出会いを。

バックアップ成功

毎度、みっちゃんです。

昨夜から作業していたOSまるごとバックアップに成功しました。
今年のはじめは失敗してマザーボード破損しましたが今回は一番正常に動くノートPCだけにヒヤヒヤしながらの作業でしたがうまくいって大喜びしています。

さて、昨日から作りかけのメダカ掬い専用網4つめ、先ほど完了しました。

専用網④

メダカのベビーも今朝は3匹誕生していました。
medakaA 001

medakaA 002

室内で最初に孵化した子メダカは4匹います。
画像 004

こちらも最初に孵化した子メダカです。
画像 003

第二弾の孵化組です。10匹ほどいます。
画像 006

こちらも第二弾孵化組です。
画像 008

自作メダカ専用網2本目

毎度、みっちゃんです。

おはようございます。朝4時からメダカ用専用網を作っていましたが、慣れないのと持ち前の不器用さが原因して先ほどまでかかっておりました。

専用網

ショップで買うと150円くらいで網は手に入りますがやはり自作は愛着度がちがいます。

さて、今朝も母親を市大病院に連れていきますのでちょっとここらで途中中断です。

途中中座でごめんなさい。

さて、専用網も3作目になりました。

だんだんよく鳴る法華の太鼓と言いますが・・・だんだんよく鳴る→だんだん良くなる(笑)

専用網③
やはりだんだん慣れるというかコツのようなものが身についてきます。

次の回の制作用には洗濯ハンガーでなくホムセンで求めてきた鉄線#12に変えてみようと思います。
harigane.jpg

それでは今日のメダカ。ベビー誕生です。
tigyo.jpg

今日もご覧頂きましてありがとうございました。

加温で大失敗><

毎度、みっちゃんです。

石橋を叩いても渡らない性格の私ですが初の大失敗の巻です。

といいますのも室内加温発泡容器のことでしたがそこに篤姫が15匹ほど寒気避難させておりました。
底砂はなしで加温ヒーター及びスポンジ濾過で今まで難なく順調に育っておりましたが、パワーをつけようと発酵鶏糞上澄み液を少量室内加温してバクテリアを増殖させていました。

インフゾリアの方も順調に増殖していたのでスポイドで数滴づつは与えても大丈夫だったのですが発泡用にのそこに排泄物や食べ残しがあったものでバクテリアで分解させようと思いかなり多めに発行鶏糞溶液を投入しましたところ、逆に雑菌が増殖するほうが早かったのかして、帰ってみれば飼育水から異様な異臭が漂ってきました。

これは一大事とヒーター・濾過器を引き上げて蛍光灯のところに持って行きましたら愕然とした悲惨な結果に!?

飼育水が腐敗してきていてメダカ10匹ほどが★に・・・><

飼育水交換といっても加温して27度まで上がっているので表の天日干し水では温度ショックで残りもすべて★になる可能性が出てくるのでとりあえず元水を越しながらプラケに半量くらいいれて足し水にて満水にして加温・濾過を再稼働させた。

なんとか居残り組は今日も元気にしているので毎日少量づつ交換してやろうと思います。

皆様におかれましてはこういう馬鹿な失敗されないと思いますが、生き餌を与えるときに十二分のご配慮賜りますようにお願いいたします。
               幹之1

手作りメダカ稚魚専用網

毎度、ミッチャンです。

どなたかのブログに手作りメダカ専用網の記事がありました。

今日は天王寺まで車で行ってましたので、帰りにコーナンに寄って木の丸棒とメダカ掬い網を買ってきました。

木の丸棒は10φ、90cmほどで80円で売ってました。
画像 1

出来上がりはこのようです。
掬ってみましたが端にメダカがいても楽に掬えました。
画像 2

材料

①丸棒(端部にワイヤーを固定する穴を開ける)
画像 1


②メッシュ洗濯ネット
画像 4

③洗濯ハンガー(好きな大きさにカットする)端部は折り曲げて丸棒に錐で穴開けたところに入れて細線で動かないようにグルグル巻きにする・
画像 3

④接着剤(仮止め、本着け)
画像 6

洗濯ネットを接着剤でワイヤーに貼り付けて余分な生地をカットする。

⑤釣り糸で縫う
画像 5

これで完了です。

市大病院

毎度、みっちゃんです。

今日と明日は母親の定期検査で朝から次第病院に向います。

妹が富山から来てくれたので長時間の付き合いしなくていいので助かりです。

高齢でまだ元気な方ですのでまだ良しとしなければなりません。

両膝人工関節入れてもう6年ほど経ちますが再手術もないので位置ずれや狂いもないのでしょう。

ただ、週位置で飲む薬が嫌なようでなかなか飲もうとしません。こちらは骨粗鬆の薬で30分間寝ても食べてもいけないという厄介なものです。

毎日のますのは血圧の薬とボケ防止のパッチですがこれも私が貼らないと自分から進んでは貼りません。

ボケ防止のパッチは効いているのかどうかよくわからないです。同じことを1分くらいで繰り返し3度ほど必ず繰り返してきます。説明を繰り返して相槌を打つのも疲れます。

血圧は150ほどもあるのに医者の前で元気ですから飲みませんと平気で言うのでフォローして謝るのに一苦労です。先日も先生に「なに!」と怒らせてしまいました。

私自身が高齢化してきているので次は自分の番かと思うと一抹の不安は隠せません。

時代は高齢化社会全盛期を迎えますし、先日、2軒となりの3つ年上の人が孤独死して警察や消防が来たのはみにっつまされる想いをしました。

残りの人生を楽しく元気に過ごせたらありがたいのですが何が身の回りに起こることやら・・・
12月3日


そんな中でも今日もまた元気にメダカのベビーが誕生して和ませてくれました。




GW②

毎度、みっちゃんです。

朝に引き続き稚魚のGW飼育第二弾です。

先にお伝えしましたように、10月以降餌は時折ミジンコを与えるのみ。足し水は汲み置き水と雨水、底砂無しの小プラケにての稚魚飼育の状況確認です。

白点病やワタカムリ病などの発生は皆無です。

やせ細りも確認できません。

プラケ5つ清掃した状況では試験はしておりませんがアンモニア臭もないので適当に好気・嫌気性バクテリアのバランスも整っているようです。

各水槽バラバラに撮影しましたが弱体個体は1匹も見当たりませんでした。

めだか 009

めだか 006

めだか 002

めだか 004

産卵巣作り

毎度、みっちゃんです。

時間のある時に作っておきたいメダカ産卵巣。

以前は、毛糸の束やシュロで作っておりましたが、去年あたりからマニアの間で流行っているナイロンたわしを使っての産卵巣です。

去年松山の方から教えていただきましたが今年は皆様自作されておられるようです。
めだか 003

メリットは簡単にすぐ作れて金額的にも安く作れる。

水洗い乾燥すれば清潔。

卵がよく付く。

材料はナイロンたわし、結束線、ポリエチレンバックアップ材。

私はズレ止めに両面テープを使っています。
バックアップ材は18mm程度が使いやすいように思います。
めだか 001

めだか 002

これで春にはたくさんの卵を採卵できると思います。

今日も誕生

毎度、みっちゃんです。

おはようございます。

寒い朝です。エアコン作動させていますがそれでも底冷えしてるのか肌身に寒さが伝わってきています。

寒さに負けず今朝もメダカのベビー2匹誕生してくれていました。

画像ボケまくりですがご辛抱のほどをお願いします。

めだか 003

めだか 001

GW

毎度、みっちゃんです。

夏場は濃度が高まると酸素不足等飼育に危険も伴うグリーンウォーター(GW)ですが、今は最強の友となってくれております。

天気の良い日にはたまに活ミジンコを与えますがその他は全く餌もいらず。

ご覧の通りの小プラケで保温対策なし。

また、底砂の使用も一切行なっておりません。

水換えも10月以来約2ヶ月足し水と流入する雨水のみで一切水交換はしておりません。


めだか


Lサイズのメダカは発泡ケースに赤玉土の底砂敷いて管理しておりますがこちらはたまにやせ細りが出たり☆になる子も出ている始末です。

夏場と違い成長はあまり望めませんがメダカたち体調もよく☆になったり病原菌に犯されるとともなくいたって元気に過ごしております。

現在日差しがあり、水温は10°Cまで上がっていますが、明日以降、一段と冷え込みが強いと報道されていますが多分このまま厳しい冬を乗り越えてくれるものと期待しております。

今年の春も厳冬期、凍結もしましたが表層のみの凍結ではビクともしませんでしたのでこれくらいの寒さは難なく乗り越えてくれるだろうと思っています。

逆に、過保護にしすぎるのが弱い体質を作ってしまうのではないかと私的に考えている次第です。

皆様におかれましては同環境とはいきませんのでご参考程度にお願いします。



今日もご覧頂きましてありがとうございます。
できればクリックの方もよろしくお願いいたします。
         ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

今年も後一月

毎度、みっちゃんです。

早いもので今年も残すところ後ひと月となりました。つい先日までの暑さが嘘のようです。

今年一年を振り返りますと特に良いこともないけれど悪いこともなしという平凡な一年でした。

違うことはこの12月に年金受給者になることくらいですか・・・

とても年金で生活できる世の中ではありませんので生き方の勉強をもっと早くしておけばと反省の毎日です。

自分では年齢に関する体の変化はあまり気づきませんがはた目から見られますとやはりかなりの変化してるのかと思うと何か寂しくなってきます。

ここらで一発宝くじで6億と行きたいですが、かなわないまでも少額当選でも期待するしかないかと一縷の望みを抱いております(笑)

まあ、元気で事故無く一年過ごせたことに感謝です。

それでは最後に生まれたてのメダカのベビーです。
この子はこれから未来へと続く命をもらって誕生してくれました。

元気に一生全うしてもらいたいものです。
めだか 002
めだか 001

ご覧頂きましてありがとうございました。
クリックの方も忘れずにお願いいたします。
          ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

モスの整理

毎度、みっちゃんです。

室内加温水槽でモスが繁殖しすぎてジャングル状態になりましたので整理するのに何かいいものはと探しましたら昔、リシアを育てていた時に使っていたステンレスマットが見つかりましたのでこちらを使用致します。
めだか 001


糸は釣り用のナイロンテグスでもいいのですが水に溶けずに残るので木綿の糸にしました。こちらはしばらく水中に入れておくと溶けてなくなってくれます。
めだか 004


モスを適当に巻きつけてリシアマットを沈めました。
めだか 003


モスの全量の半分は産卵巣替わりにモス玉を沈めました。
めだか 002

ご覧頂きましてありがとうございました。
良ければクリック協力お願いいたします。
         ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村