Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心に戻って

毎度、ミッチャンです。

メダカ飼育のきっかけはもうずいぶん前になりますが、サギソウ栽培していて1年のブランクをどう埋めるかというときにふとメダカが思い浮かんだことがきっかけでした。

①日本メダカが絶滅の危機に瀕している。

②小さくてかわいい。(飼育スペースをとらない)

③グッピーと違い卵生である。(今まで卵生の孵化に挑戦したことがない)

価格が安い
 ヒメダカなら10匹100円で買えて手軽に飼育できる。

まあ、このような状況でメダカ飼育スタートしてかれこれ10年近くになりましたが今尚初心者レベルを脱せずに悪戦苦闘の日々です。

悪戦苦闘のおかげで飽きが来ないのかもしれません(笑)

困り者は、私だけではないでしょうが新しいメダカが出るとすぐに欲しくなる。
この欲しがり病を何とかせねば・・・
特にオークションで手軽に手に入る卵には要注意信号を自分に与えなければと言い聞かせております。

それにしても金魚に比べてメダカは発展途上中?のためか高値が多いのが難点です。

自分で育てているので手間隙係り選別後販売に通じるメダカが高値なのは理解できるのですが、あまりの高額に
いささか辟易しているしだいです。

金持ちの暇人相手のメダカにならないように低価格で大衆化を図る業者さんとは仲良くしていきたいものだとつくづく思う昨今です。

来年度はできるなら今の針仔でいい個体が出ればそちらの交配でスタートを切りたいものです。

隣の花が赤いなら寄らず触らずただ見るのみの精神で望んでいくしだいでございます(笑)

画像 005

本日もご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

これが現実?

毎度、ミッチャンです。

また、真夏に逆戻りのような日々が続いている大阪です。

さて、こちらのブログであまりに美しい紅白メダカをお持ちの方がいらっしゃったのでコメントさせていただき、オクで購入した卵から成長したものであることを知り早速頑張って落札してみました。

こちらの画像は2度落札した初回の子達です。

子達といっても2匹しか育たなかったので再度入札をして2度目の落札もしました。

まだ、成長過程なのでなんともいえませんがこの状態ではとても紅白といえるものではなさそうです。

もう、慣れっこになっておりますので何処の誰から購入してこの状況ですのような次元の低い怒りは湧かなくなりました(笑)

ただ、多色系の固定化はかなりの難があることだけは身にしみて感じておるしだいです。

卑近な例にたとえてみれば、種牡馬から生まれる子たちがすべて遺伝子どおりには成長してくれないとイコールなのかもしれません。

やはり自家で交配させた種を固定化させる地道な努力が必要なのでしょう。

それでは成長した紅白?の画像を・・・

CIMG2853.jpg

いかがでしょうか?今後も紅白に変貌してくれそうには見えません><
CIMG2846.jpg

こちらは表雑居水槽で見つけた斑です。

こちらのほうが見ごたえがありそうです(笑)
CIMG2873.jpg

CIMG2870.jpg

こちらも卵から育てたものですが、著名な個体名がありましたが少々期待薄です。
CIMG2844.jpg

CIMG2839.jpg

メダカたちにどう変化するのか聞くわけに行きませんので、今後の成長を期待して見守るようにいたします。

本日もご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

卵子・精子の融合体

毎度、ミッチャンです。

台風は過ぎ去りました。それにしても午前の9:00から10:00頃までの豪雨は凄かったです。

うちのメダカたちは日頃の訓練で突然の雨に対応させるように毎朝、水道水直接ストレート放水で鳴らしてありますので、ケースが雨で流されたり風でひっくり返らないと自身で飛び出すことはありません。

プラケの容器にはオーバーフロー孔も開けてありますが、孔のないバケツ水槽などでも飛び出し事故はなかったようです。

メダカもイルカなみに学習能力があるのかもしれません。

危機回避能力を身に着ければオーバーフロー孔やウエスによる水量調整も必要なく、突然の雨を回避して底でじっと危機が通過するのを待っていたかに思えます。

さて、今日のテーマは卵子・精子の融合体ですが要するに受精卵のことです。

完璧な球体であたかも宇宙空間に浮かぶ惑星のようにも思えてきます。
画像 007

神が生命を宿すものに与える完璧な球体です。

何か小宇宙が凝縮されたやに思えてきます。

こんな小さな球体でも命の証である心臓の鼓動が絶え間なく一定のリズムで脈打っております。
画像 007

球体の表面には細かな毛のようなものがありますが付着糸なんでしょう。
毛も色素胞がありブルーの光を放っております。
画像 008

数日後には命の花を咲かせてくれることでしょう。

本日もご覧いただいてありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

稚魚移動

毎度、ミッチャンです。

針仔水槽より少し成長した子メダカを移動しました。

成長差が出始めると追い掛け回すので小さな子にストレスを与えるように思うからです。

めだか 024

めだか 023

めだか 022

めだか 021a

めだか 021

めだか 020

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

台風が気になる

毎度、ミッチャンです。

台風の規模・進路が気になります。

日本列島の北部を通過しているようですが、大阪も明日午前中が少なからず影響を受けそうです。

甚大な被害なしに通貨してもらいたいものです。

今日は外部水槽の幹之を写してみました。底砂は硬質焼赤玉土です。
スーパーではありませんが怪しい光がユニークです。

一概に幹之といっても微妙な違いから今ではかなり進歩しているようですね。

画像 001b

画像 001a

画像 001

画像 004

画像 005a

画像 005

画像 004b

画像 004a
画像 006

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人体実験スタート

毎度、ミッチャンです。

9月14日のブログで書きましたが、かかりつけ医の看護士が採血できずに7箇所も穴をあけられ採血中止しましたが、昨日は再開しました。

医者のほうが採血を申し出たのでなくこちらからHbA1cとPT検査を申し出ました。

当の本人の看護士は謝ることもなく他の患者の点滴の世話をして、私には近づかなかったですが、かかりつけ医はかなり気にしていたらしく謝っておりまして、どちらかで募集したのかベテランのような看護士が採用されておりました。

なんと、違いがあるもので1発で痛みもなく採血終わりました。

先月、採血した看護士は技量不足を反省の要があるようです。


また、かかりつけ医はジェネリック医薬品を嫌う人で院内処方しているときは一切ジェネリックは処方しませんでした。

数ヶ月前から政府からの指導でまん前に薬局ができたので医者の支持でなくこちらから互換品取り寄せ希望を伝え先月から飲み始めました。

ロキソニン低評や糖衣錠の成分による薬効時間差や臨床データがないなどの問題点はあるものの私の場合、

月2000円の医療費削減につながるので、医者の指示なしに自身で使用開始しました。

現在、一月近く経過しましたが全く人体には影響は今のところ現れておりません。

ネットが普及してから疑問を持ったことを検索して自身で進むべき羅針盤を決定する時代に入ったのかも知れません。

政治に関しても細かい事象をネットでSNSを利用して相談できるようになっていけば一層よりよい社会が築けそうな気がします。

画像なしでは寂しいので最後にメダカの卵でもアップしておきます。

めだか 019

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自家交配

毎度、ミッチャンです。

まず、今日の京都大賞典、三連単で360万馬券でしたね。1000円買っていれば家が建っていたかもしれません(夢)
さて、後数時間を経ると凱旋門賞が始まります。
日本の2頭ぜひとも世界を制覇してもらいたいものです。
人気度はオルフェーブルが確か一位の人気を集めているはずです。
武豊さん騎乗の絆も是非一位入賞して「日本の強い絆」を世界に知らしめてもらいたいものです。

話をメダカのほうに戻りまして、
私は交配するときはポリシー持たずに直感で交配させています。

飼育規模も小規模なため確保できる個体数にも限りがありますので致し方ないといえば

当然のことながら交配データはありませんし、記録や画像もありません。

あるのは直感による期待感のみで交配させています。

それでも結構面白そうな仔が出てきます。

今日も成長すれば面白そうな子達が出てきています。

このくらいの大きさになれば少しは微妙な差異が出てくれるように思います。
ただ、著名なブリーダーさんと私のような凡人では違いの把握度がまったく違うものなのでしょう。
CIMG2831.jpg

右の仔は赤い班が出てきそうです。
CIMG2830.jpg

左の仔は白抜期待しているのですがどうなることやら?
CIMG2829.jpg

今回もご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まだ夏?

毎度、ミッチャンです。

今日は天気がいいので睡蓮5株を丸坊主にして、赤玉土と荒木田土のミックス団子に包んで植え替えました。

我が家は、まだ夏でしょうか?

ホテイの花が咲きました。
めだか 015


産み落としのメダカの卵も頑張って命をはぐくんでおります。

めだか 013

めだか 009

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

秋の香

毎度、度々ミッチャンです。

秋は食べもののおいしい季節で食材選びでツイ買いすぎて困ります。

冷蔵庫は満杯状態で明日は買い物に出かけません。

保存食の山椒昆布はタッパー4つまだ残っております。

冷凍庫には母親が買いためた鳴門わかめがごっそりと・・・><
それに加えてパイナップルとバナナの霊長で満杯状態。

冷麺・ラーメン用に作り置きの煮豚も放置されております。

剣先イカ・剥きえびも中間の冷凍庫を占領しております。

そんなこんなであまりの食材を使えばいいものの秋の味覚に誘われてツイ栗に手が伸びてしまいました。

というわけで、今夜の夕食は①栗ご飯、②肉じゃが、③ポテトサラダ、④お新香、以上4点すべて私の手作りです。

栗ご飯もおいしくいただけましたが何せこういった類はそう毎日食べれるものでもないので残りは冷凍保存組みに参入です。

自信ありはヌカヅケくらいのものでしょうか・・・

めだか 014

では、失礼をば仕りました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

ダルマ

ミッチャンです。今日3度目になります。

ダルマメダカはチョコチョコ泳いでとてもかわいいです。
CIMG2819.jpg

でも、奇形の一種と思われ少々かわいそうな気もします。
CIMG2816.jpg

以前からダルマに関しては2つの意見があるようです。

①遺伝子による発生。
こちらは当然ダルマ遺伝子が存在するならもっともだと思います。
CIMG2817.jpg

②気温・水温説
こちらは水温が30度近くになると後発的に遺伝子に関係せずに発生する意見です。
背骨間隔が成長に伴わずに矮小した状態で生育する意見です。

私は個人的にはこちらの意見に賛同しております。
といいますのも私はダルマ系の卵・生体は買っていないからですが、こちらはその祖先にさかのぼることができないので祖先に関しては定かではございません。

ただし、毎年夏の暑い時期に採卵して孵化した仔にダルマが多く見られることは事実であります。

私は、研究者でも学者でもありませんのでこだわることなく発生する個体が元気で育ってくれればいいだけのことなんですが・・・
CIMG2814.jpg

たくさんそろってくるならダルマ水槽も楽しいかも知れません。

では、また・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

体内・外W光

毎度、ミッチャンです。

珍しくはないですが、幹之の体内・外W光です。

中間部分の体内光が怪しく光るところがユニークです。

めだか 005

めだか 013

めだか 010

CIMG2812.jpg

めだか 008

今回もご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

選別

毎度、ミッチャンです。

プランター放流組選別しました。

今年の夏は暑かった成果すぐにGWになりスモールアイになったのでしょうか?

これでも半分くらいです。
めだか 004

めだか 003

次にオレンジ系の色薄です。
めだか 002

めだか 001

いつもご覧いただいている方ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

生誕記念日

おはようございます。ミッチャンです。

朝から急に冷え込み始めました。

もう、うれしい歳ではございませんが、今日は私の数十数回目の生誕記念日です。(笑)

三分の二は棺おけにどっぷりつかっておりますので残り人生は波風立たないように過ごして行きたいものです。

さて、少々寒くなりかけておりますが、メダカのほうはまだ産み落としの卵から孵化した針仔がかなりいますので
針仔用の餌を作っておきました。

道具は、乳鉢;小

餌は、①ブラインシュリンプ殻なしエッグ
   ②スピルリナ
   ③ビール酵母

上記3点を乳鉢であたったものを使用します。
めだか 006

水面への広がりも早く針仔も食べやすそうにしております。

めだか 008

めだか 010

本日もご覧いただいてありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。